きゅうりの切り口がぬるぬるだけど食べられる?ぬめりの原因は?

一年中食べることができるきゅうりは、手軽に野菜を摂りたい時に便利な食材の1つです。

生のままツナとマヨネーズで和えるだけで子供も喜ぶ副菜として一品完成してしまいますし、わかめを加えてマヨネーズの代わりに酢醤油にすればサッパリとしたおつまみにもなり、どちらも美味しくてオススメです。

そんな万能きゅうりですが、いざ使おうと冷蔵庫から出した時に表面やヘタの部分にぬめりを感じたことはありませんか?今、まさにぬるぬるしたきゅうりを目の前にして困っている方がいるかも知れません。

ぬめりが生じたきゅうりは食べても大丈夫なのか?
ぬめりの原因は何なのか?
ぬめぬめしないように保存するにはどうしたら良いのか?
実際にきゅうりをぬめらせてしまった筆者が、経験を元に調べた結果をご紹介します。

できればもったいないから、食べられるといいわよね。

食べても大丈夫?

表面のぬめりがひどく、触ると簡単にへこんでしまう程の柔らかさの場合は、中の実がほとんど傷んでおり食べられる状態ではありませんので、迷わず処分しましょう。また、異臭がする場合も処分対象になります。

ぐにゃぐにゃと柔らかくなっていたり異臭がするということは、それだけ雑菌が繁殖している証です。捨てるのはもったいないと思われるかも知れませんが、この状態で食べても味が変わってしまっていて美味しくありませんし、体調を崩す可能性も十分に考えられます。ここは潔く処分してしまいましょう。

では、ぬめぬめしていたら処分決定か?というと、そういうわけでもありません。ぬめり具合やぬめぬめしている場所によって食べられる場合もあります。次からは多少のぬめりがあっても食べられるケースをご紹介します。

どのような状態であれば食べられるのか、覚えておいてね。

ヘタ部分のぬめり

きゅうりのヘタの部分が多少ぬめぬめしている程度であれば、ぬめり部分を水でよく洗い、傷んでいる箇所を切り落とすことにより、食べることが可能です。
但し、ぬめりがあるということは雑菌が繁殖している可能性が高いため、ぬめり具合によって不安であれば加熱調理をしたり、切って中の実の状態を確認することをおすすめします。実の状態がしっかりしていれば、安心して食べることができます。

表面一部のぬめり

きゅうりの表面の一部がぬめぬめしている場合も、ヘタ部分のぬめりと同様の対応になります。ぬめり部分を水でよく洗い、傷んでいる箇所を切り落とします。どこまで傷んでいるか分かりにくい場合は、周辺を切ってみて表皮から中の実までの状態を確認してみると分かりやすくなります。実の状態が良好であれば、皮部分のみを切り落とすことで食べることができるようになります。

表面全体のぬめり

きゅうりの表面全体にぬめりがある時は、触ってみてぐにゃっと柔らかくなったり、軽く押すだけで折れたりつぶれてしまったりする箇所がないかどうかの確認が必要です。そのような状態であれば、雑菌がかなり繁殖している状態と言えるため、処分されることをおすすめします。

ある程度の硬さがあるようであれば水でよく洗い、比較的柔らかくなっている箇所を切って表皮から中の実までの状態を確認します。中の実が問題なくキレイな状態であれば加熱調理をすることにより食べることができますが、表面にぬめりがあったということは雑菌が繁殖していた可能性が高いため、皮をむいてから使用することをおすすめします。

切ってみた時に広範囲に渡り傷みが生じているようであれば、あきらめて処分された方が安全です。

ぬめり部分が少量であれば、切り落とせば食べられるってことね。

ぬめりの原因は何?

きゅうりに発生するぬめぬめは、表面についた水分から雑菌が繁殖したことによる現象です。

きゅうりは全体の約95%が水分で構成されています。日が経つごとに表面に浮き出て来た水分から雑菌が繁殖し、そのまま放置するとカビが発生することになります。

きゅうりを買って来た時にやりがちなのがビニール袋に入れたまま冷蔵庫へ、水洗い後にきちんと水切りをしないまま冷蔵庫へといった保管方法。

ビニール袋だけだと表面に水分が浮いて来た時に水分を吸収することができないため、表面が水分だらけになってしまい雑菌の繁殖が防げなくなってしまいます。水切りが甘い場合にも表面に水分が溜まってしまい雑菌が繁殖してしまいます。

正しい保存方法

まずはきゅうりの表面の水分をきちんとふき取ります。水気がなくなったことを確認した上で、1本ずつクッキングペーパーか新聞紙でくるみ、その上から全体をビニール袋かラップで包んで冷蔵庫の野菜室にヘタ部分を上にして、立てた状態で保存します。きゅうりを立てて保管することにより新鮮さが長持ちしますので、おすすめです。

とにかく水分をふき取ることが重要ね。

冷凍保存はできる?

冷凍保存も可能ですが味や食感が落ちるため、おすすめはしません。
どうしてもスグに食べ切れないという時は、冷蔵の時と同様にビニール袋かラップまで包んだ後、ジップロックなどの冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。これで約2~3週間ほど日持ちさせることができます。

解凍する際は、数分間流水をあてて半解凍になった状態で切って使用します。解凍後は生の状態で使うレシピよりも加熱調理や和え物、ポテトサラダなどの利用がおすすめです。

まとめ

  • ぬめりが生じたきゅうりは、状態により食べることが可能。傷みがひどかったり広範囲に及ぶ場合は、潔く処分しましょう。
  • ぬめりの原因は雑菌。きゅうりの表面に浮き出て来る水分から繁殖します。
  • ぬめりが出ないように保管するためには、きゅうりの表面に浮き出て来る水分を極力抑えることが大切。冷やしすぎても傷んで溶けやすくなるため、正しい保管方法で購入後2~3日で食べ切るようにしましょう。

きゅうりをぬめらせてしまうまでは、購入した時のビニール袋の状態のまま野菜室にポイしてました。

ほんのひと手間で新鮮さが長持ちするので、きゅうりを購入した時はぜひ「正しい保存方法」を試してみてくださいね。

きゅうりを買ったらクッキングペーパーに包んで、ビニール袋に入れるのを忘れずにね!

error: Content is protected !!