たつき諒著:「私が見た未来」が凄い!的中率9割の内容×完全版情報をネタバレ覚悟で紹介!

サーフィンをするナミコさん

東日本大震災を予言した漫画があるらしいわよ

作者が見た予知夢をまとめたマンガ「私が見た未来」をご存じでしょうか?

1999年にたつき諒先生が発売された本で、東日本大震災などを見事に予言したと大注目!

2021年7月には「週刊さんまとマツコ」でも取り上げられるなど、話題をさらっています。

2021年10月1日には、「私が見た未来 完全版」の販売が決定!

これまでに発表されていない予知夢や解釈が掲載されるということで、予約の段階ですがすでにベストセラー1位になっています。

私が見た未来(完全版)
出典:Amazon.co.jp

「私が見た未来」には何が描かれているのか。

作者はどんな人なのか、内容をくわしくご紹介いたします。

「私が見た未来」には何が書かれているの?

私が見た未来って古い漫画よね。何が書かれているのかしら?

「私が見た未来」は1999年7月1日に、ほんとうにあった怖い話コミックスとして販売された漫画です。

現在は価格が高騰しAmazonでは130,000円。

ヤフーオークションでは200,000円(ともに2021年8月27日現在)で売買されているなど、希少な一冊になっています。

表紙を見てみると分かるのですが、大災害は2011年3月とはっきり記されています。

2011年3月はご存じの通り、東日本大震災が起きた時期とちょうど重なることもあり、予言の書として有名になりました。

その他にも災害や人の死が見える方のようで、「私が見た未来」の中では阪神淡路大震災やダイアナ妃、フレディ・マーキュリー、尾崎豊の死などが予知されているそうです。

有名人だけでなく少女の死なんかも見えたみたいね

8月20日に富士山が噴火するという予知夢もあり、「私が見た未来」を信じる人たちはこの時期になると緊張が高まるそうです。

その他にもたつき諒先生がお住まいの神奈川県で、津波が起きるという予言もあります。

いつ起こるか分からない災害。

予言があってもなくてもちゃんと備えておきたいですね。

作者たつき諒先生ってどんな人?

たつき諒先生は「私が見た未来」を発刊した1999年に、残念ながら漫画家としての活動を引退されています。

名前から男性だと思われることが多いのですが、実際は「私が見た未来」の表紙にあるように女性の漫画家さんです。竜樹諒名義の漫画も描かれています。

デビューは1975年の郷ひろみ物語。

いつの時代もアイドルの生い立ちがマンガ化されるものですが、デビューで郷ひろみさんを担当されたというのは、それだけ評価が高かったのではないでしょうか?

「週刊さんまとマツコ」の番組には、

  • 今になり著書が話題になり驚いていること
  • 夢が現実にならなければいい
  • 避けられたらいい
  • 思いやりのある心の時代が来ることを願っています

という優しいコメントを寄せられていました。

「私が見た未来」には今後起きるかもしれない悲しい出来事をできるだけ未然に防ぎたい、という思いが込められているのかもしれません。

そんなたつき諒先生ですが、1年くらい前から注目を集めていたTwitterが、第三者によるなりすましだったことでも話題になりました。

2021年7月発売の月刊ムーに掲載された、たつき諒先生のインタビューも偽物のものだったそうです。

今年に入り富士山噴火の予言がニュースになったのも、“予知夢を見てから15年後に実現するケースが多い”という偽アカウントからのメッセージが影響しています。

ですが実際は、かならずしも15年後という決まりはないとのこと。

今後も似たようなアカウントが現れる恐れがありますので、情報元にも災害にもしっかり注意したいですね。

まったく……偽物なんて迷惑な話ね

「私が見た未来 完全版」は予約するべき?

2021年10月1日に飛鳥新社から販売される「私が見た未来 完全版」

実は前述したなりすましアカウントの影響で、販売延期になった経緯があります。

そもそもこの完全版は、なりすまし主による「私が見た未来」の解説などをもとに、発売が決定しました。

しかし再販の話をまったく聞いていなかった、たつき諒先生ご本人が出版社へ問い合わせ。

この申し出により、一連のツイートやご本人の投稿だと信じて情報掲載していたサイトの内容がなりすましだと判明しました。

たつき諒先生が出版に気づかなかったら、もし亡くなった後の話だったら、1,200円を払ってなりすましによる解説の本を手に取っていたことになります。

そう思うとかなり怖いですね。

このような経緯で出版が延期になった「私が見た未来 完全版」

なりすましの存在は残念でしたが、たつき諒先生が飛鳥新社へコンタクトを取ったおかげで、ご本人監修の完全版が発売される結果になりました。

という訳で今回販売される完全版は、以下説明文からもたつき諒先生による最新の解説や予言、想いが描かれていると予測されます。

なりすましアカウントのおかげで本当の完全版になったってわけね

幻の「予言の書」復刻!

1999年に刊行され、東日本大震災を予言した漫画として話題沸騰。

絶版のため中古市場では10万円以上の値がつく本作にたつき諒氏の新たな予知夢を加え解説した完全版。

元ネタにもなっている自身の夢を書き溜めた「夢日記」の内容をついに本書で初公開。

漫画に描かれたもの
描かれなかったもの―――

「夢日記」を元に予知夢の詳細を解説。

なぜ表紙に「大災害は2011年3月」と描いたのか?

そして、3.11を超える、新たな予言とは―――

飛鳥新社

通常版は今後もプレミア価格が続くと思われますので、ぜひこの機会に完全版を手に入れて、たつき諒先生の最新予言に触れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

22年ぶりにたつき諒先生の解説付きで復刻する「私が見た未来 完全版」

なりすました人の意見のまま販売される結果にならなくて、本当に良かったですね。

1999年に思いを馳せながら、予言の的中率や不思議な世界にどっぷり浸かってみるのも楽しそうです。

私は早速予約済みよ。10月1日が楽しみだわ

¥1,200 (2021/08/27 22:55時点 | Amazon調べ)
error: Content is protected !!